レチノール トレチノイン

スポンサードリンク

レチノールとトレチノインの違い

多くの女性が日々活用している、化粧品には様々な成分が配合されています。にきびやしみ、しわなど様々な対策のため、その症状にあった化粧品を選ぶ方も多いでしょう。

 

様々な成分の中でも、レチノールはしみやしわ、肌の新陳代謝の促進、アイチエイチエイチングに効果があることが明らかになっています。

 

レチノールはアメリカでもしわ対策クリームとして人気がありますが、
「トレチノイン」いうビタミンA誘導体もまた、にきびやしわの治療に注目されている成分です。

 

トレチノインは市販されていないので、クリニックなどで処方を受けることが可能です。

 

トレチノインはクリームなどもありますが、ゲル状のものがお勧めで、レチノールの50倍から100倍の効果を発揮します。

 

レチノールよりも、刺激が強いため、治療に使用する場合は注意が必要です。医師の指導のもとで治療を行うことが大切です。

 

副作用として、肌が乾燥したり、皮膚炎が起こる場合もあります。痛みやかゆみなどを伴う方もいるので、なにか副作用がある場合、すぐに医師に相談することをお勧めします。

 

トレチノインを処方された場合は、用法や用量をしっかりと守ることがとても大切です。

 

日本では市販されていませんが、アメリカでは市販されているため、個人輸入して購入されている方もいらっしゃいます。

 

しかし、トレチノインは強力な治療薬なので、しわ、しみの改善に使用したい場合は、クリニックを受診しましょう。

 

また、レチノールは身近な成分であり、しみやにきびの改善に役立つものなので、化粧品だけでなく、日々の食事の中で摂取することを心がけていきましょう。

 

風邪予防にも効果のある栄養素なので、肌だけでなく、身体も元気にしてくれます。

スポンサードリンク