レチノール 料理

スポンサードリンク

レチノールを取りやすい料理

美肌を目指す方々にとって、大切な栄養素「レチノール」。
食品の中でも鶏レバーに、多く含まれています。鶏レバーは貧血にも効果があります。

 

しかし、外食やジャンクフードばかりの食生活では、レチノールはなかなか摂取することができません。

 

ここでは、自宅でできる簡単な料理をご紹介いたしますので、ぜひご活用ください。

 

鶏レバーのワイン煮

 

材料
鶏レバー200g(血抜きがすんでいるもの)
砂肝 100g(緑の皮がある場合、取り除いておく)
ショウガ 30g
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
赤ワイン 100cc
水 100cc

 

料理手順
1、鍋にお湯を沸かす。レバーと砂肝を入れ、再び沸騰させてから、ざるにあげる。
2、ざるにあげた砂肝とレバーは一口大に切りわける
3、しょうがは皮ごと薄くスライスしておき、レバー、砂肝、しょうが、水、醤油、みりんを入れて火にかけ、煮立ったら赤ワインを入れる。
沸騰させ、アルコールを飛ばしていく。
4、中火に火を弱め、落とし蓋をする。時々、かき混ぜて、水分が少し残るまでじっくり煮ていき、出来上がり。

 

 

ほうれん草のバター炒め

 

材料
ほうれん草 半束
コーン 少量
バター 大さじ1
塩コショウ 少々

 

調理手順
フライパンを熱し、バターを溶かしていく。ほうれん草とコーンを入れ、炒め合わせる。塩コショウをすれば出来上がり。

 

 

ほうれん草には体内でビタミンAに変わるカロテンが含まれています。油脂と一緒に炒めると吸収が高いため、バター炒めがお勧めです。

 

日々の生活の中で、レチノールやカロチンを料理を通して摂取し、健康な体つくりを目指しましょう。

スポンサードリンク