レチノール 食材

スポンサードリンク

レチノールを多く含む食材

レチノールを日常の中で意識的に摂取するにはどのような食品に含まれているのかを知ることが大切です。

 

様々な食材に含まれているので、ぜひ、ここで得た知識を日常生活の中で活用してください。

 

レチノールが含まれる食材

 

  • 魚の食品  あんこう、うなぎ、あゆ、ぎんだら、あなご

 

  • 肉の食品  豚レバー、鶏レバー、くじら

 

 

その他、卵、牛乳などがあげられます。

 

 

ビタミンAには2つの種類があり、動物性の食品に含まれており、最初からビタミンAの形になっているのが「レチノール」と呼ばれています。これは小腸への吸収率が80%から90%なので、ビタミンの中でも比較的、吸収率が高いものです。

 

一方で、カロリーやコレステロールが高いので、過剰に摂ることは注意するようにしましょう。

 

また、植物性の食品に含まれいる「βカロチン」という栄養素も、身体に入るとビタミンAに変わります。緑黄色野菜に多く含まれており、カロリーも低いため、ぜひ摂取することをお勧めします。

 

このβカロチンが入っている、食品は以下の通りです。

 

βカロチンが含まれる食材

 

  • 野菜の食品  パセリ、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、ピーマン、モロヘイヤ、よもぎ、だいこん(葉)、かぶ(葉)

 

 

食品の中でβカロチンは、調理法や食材によって吸収率が大きく異なります。そのため、吸収率を高くするために油脂と使った調理がお勧めです。
効率よく、栄養素を吸収するためには、ほうれん草のバター炒めなど、バターのような食品を使って調理することを心がけましょう。

 

レチノールとβカロチンを含まれる食材を、日々のの中でバランス良く、摂取していきましょう。

スポンサードリンク