レチノール 過剰摂取 副作用

スポンサードリンク

レチノールの過剰摂取と副作用

過剰症でもっとも注意しなければいけないのが、レチノールの過剰摂取です。

 

他のビタミンは過剰症の危険がないものもあります。しかし、レチノールの場合は、過剰摂取することにより、様々な副作用が起こります。
そういった症状が起こらないように摂取量を気をつけなければなりません。

 

身体の中に入ったレチノールは、一度肝臓に貯蔵されます。肝臓から、目と各器官の粘膜へと運ばれていきますが、過剰に摂取した場合は肝臓に入ることができません。

 

過剰に摂取されたレチノールは、脂肪酸といっしょに粘膜以外の必要ではない組織へ入り込んでしまう可能性があるのです。

 

中毒になると副作用で、脳にも症状が現れていきます。脊髄液の分泌を刺激することによって脊髄液がどんどん増え、脳圧が高くなっていきます。

 

脳圧が高くなると、頭痛や吐き気が起こり、体調に異変が起こります。また、慢性になった場合は、脳だけでなく、肝臓がはれたり、手足の骨がはれ、痛む症状もあらわれてきます。

 

一方、体内に入ると、βカロチンは過剰摂取しても副作用が起こる可能性は低いものです。吸収率が低く、体内でビタミンAに変わる時間がかかるので大量にとったとしても一度にビタミンAが増えることはなく、中毒にはなりません。

 

このように、レチノールは過剰摂取に気をつけなければならないビタミンです。特にサプリメントなどを活用している方は、間違って大量に飲んでしまったということも少なくありません。

 

しっかりと用量、用法を守って副作用に注意しながら、取り扱うようにしましょう。

スポンサードリンク