レチノール 摂取方法

スポンサードリンク

レチノールの効果的な摂取方法

レチノールは動物性食品に多く含まれており、肝臓に蓄積されるビタミンです。

 

体内での吸収率もよく、短時間で効果がでてきます。しかし、摂りすぎると吐き気やめまい、肌荒れなどが起こる場合もありますので、必要摂取量を守るようにしましょう。

 

また、植物性のβカロチンを摂取すると必要な分だけ、ビタミンAに変化してレチノールと同じ効果を発揮します。

 

脂溶性ビタミンなので、油に溶けやすい性質をもっているため、料理する際の摂取方法は、油を使って調理することをお勧めします。特にβカロチンはそのままですと、体内への吸収率が低いので、炒め物などが適しています。

 

この二つの栄養素、レチノールとβカロチンのバランスは1:1がお勧めです。
このバランスを調理の際に心がけるようにすると、健康的な体つくりに役立ちます。

 

そして、摂取方法を考える際に、その他のビタミンと同時に摂ることもよいでしょう。

 

特に、ビタミンEはレチノールやβカロチン同様の抗酸化作用をもっており、同時に摂取することで、活性酸素を除去する働きをもっています。老化防止だけでなく、がんなどの生活習慣病の予防にも役立つものです。

 

また、レチノールやβカロチンを同時に摂取することで、抗酸化作用はより強力なものとなります。ビタミンEが豊富なウナギのかば焼き、シシャモ、アコウダイ、ニシン、グリーンアスパラ、さつまいも、春菊、ブロッコリー、にら、アボガドなどの食品の摂取方法を同時にすることを心がけるとより効果が上がります。

 

ぜひ、日常生活の中で日々の食事の中で、この知識を役立ててください。

スポンサードリンク