レチノール 摂取量

スポンサードリンク

レチノール(ビタミンA)の必要摂取量とは?

レチノールは健康を維持するために欠かせない栄養素の一つです。

 

厚生労働省では、ビタミンEやビタミンC、ビタミンDなど、様々なビタミンを日常生活の中でどの程度摂取すればよいのか、必要摂取量を示しています。

 

下記に示してあるのは、あくまでも一日の最低限のレチノール量なので、マラソンなどのハードな運動をされる方や、体格が良い方などは必要摂取量より多めにとることを心がけましょう。

 

公開されているレチノール(ビタミンA)の量は、年齢や性別によって分けられています。

 

男性

70歳以上で450、50歳から69歳で500、30歳から18歳まで550と必要摂取量が定められています。

 

女性

70歳以上では、400、50歳から30歳まで450、18歳〜29歳までが550と定められており、授乳している女性は700〜750、必要だといわれています。

 

レチノールを摂取する際に気をつけなければならないことは、必要摂取量以上に過剰に摂ることです。食品で過剰に摂取することはあまりありませんが、薬やサプリメントなどでは大量摂取してしまうことがあります。

 

気が付いた際は、すぐに服用を中止すれば、症状は消え、障害が残ることはありませんので、身体に後頭部に激しい痛みや手足の痛み、めまい、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、肌荒れ、脱毛、倦怠感、肌荒れなどが起こった場合は、注意してください。

 

また、日常生活の中でサプリメントに頼るのではなく、できるだけ食品の中からも摂取することを心がけましょう。

スポンサードリンク