レチノール 風邪

スポンサードリンク

レチノールで風邪予防

人間には風邪をひきやすい人やひきにくい人がいます。

 

この違いは、日常の生活習慣や食生活に関係しているのです。特に、日常生活の中で肉中心の生活をしている方や一日3食バランス良く食べていない人は体調を壊しやすいのです。

 

また、風邪をひきやすい人は野菜や果物不足が挙げられます。同様にビタミンの不足は身体にとって大きな負担となります。

 

風邪の予防対策として大切なのは、レチノールビタミンCを摂取することです。この2つのビタミンを意識的に摂取することによって健康な身体を維持するために役立ちます。

 

レチノールは、鼻や喉の粘膜の形成に欠かせないビタミンです。これが不足してしまうと、風邪のウイルスが身体の中に侵入しやすくなります。予防のためにも、粘膜を丈夫に保つことが大切です。

 

また、目の乾燥や肌の乾燥を感じている時は要注意です。レチノールが不足している証拠です。その際は、風邪をひきやすくなっているため、ウイルスから粘膜を守る力も弱まっています。

 

できるだけ、鶏レバーや卵、牛乳を摂取することを心がけ、レチノールを意識的に摂取していきましょう。

 

また、ビタミンCもレチノール同様、予防対策には欠かせないビタミンです。
摂取することによってインターフェロンという物質が体内でつくられ、ウイルスが侵入しても、戦う働きをもっています。

 

予防だけでなく、風邪をひいた際も、ビタミンCを含む、みかんやレモン、いちごといった果物を摂ることを心がけることをお勧めします。

 

自分の身体は自分で守ろうとする心が大切です。風邪は万病の元というように、予防対策を大切にしていきましょう。

スポンサードリンク